ビスコンティ(ヴィスコンティ)万年筆の選び方と人気おすすめランキングベスト10

ビスコンティ万年筆の選び方のポイントと、Amazonや楽天通販でも安い値段でネット購入ができる人気商品をランキングにてご紹介。イタリアの高級筆記具ブランドビスコンティ。そんなビスコンティの万年筆は、完全ハンドメイドにこだわって作られており、その芸術的な美しさには定評があります。ゴッホ・レンブラント・ミケランジェロ・ヴィーナス・オペラなど人気シリーズがたくさんあるため、アート感溢れるラインナップの中から、長く愛用できるお気に入りの1本を見つけましょう。

 

【ビスコンティとは?】

ビスコンティ(ヴィスコンティ)は1988年、二人の万年筆収集家ダンテデルベッキオとルイージポリにより設立されました。イタリアのフィレンツェに残る13世紀の王城に拠点を構えた彼らの命題は、1920~1950年代の万年筆黄金時代の再現でした。ただ単にデザインを復活するのではなく、現代では忘れ去られた古い素材(30年代のセルロイド)の生産から始まり、昔ながらの手法(完全なるハンドメイド)で万年筆を作り上げること。当時多くのメーカーが競い合ったように斬新な吸入方式を開発することでした。そして、ビスコンティは新しいインク吸入方式を開発。パワーフィラーと呼ばれるその方式は簡単にインクを吸入でき、しかもカートリッジインク6本分の容量を可能にしています。ビスコンティのクリップはポンテベッキオ橋をモチーフにしたデザイン”出会い”を意味します。

 

【ビスコンティ万年筆の選び方】

それではさっそく、ビスコンティの万年筆を購入するときに、これだけは絶対に外せないという選び方のポイントから順にご紹介していきます。

 

《芸術的センスに溢れるデザインから選ぶ》

ビスコンティの万年筆の魅力は芸術性。シリーズ名に芸術家の名前をそのまま取り入れたものも多く、絵画ファンからも高い支持を得ています。芸術的センスをアピールしたいなら、デザイン性の高いシリーズから自分の好みに合うものを選んでみましょう。

 

・色の明暗を生かしたデザインが好みならおすすめな「レンブラント」

色の明暗を生かしたダイナミックなデザインがお好きな方にはレンブラントシリーズがおすすめです。レンブラントはオランダの絵画黄金期の画家で、暗闇の中からモチーフを光で浮かびあがらせるかのようにドラマティックな絵画空間を追求した絵画で有名です。レンブラントシリーズは「光と影の魔術師」として称された、レンブラントへのオマージュ。レンブラントは明暗表現に長けた画家であったことから、その明暗を万年筆のデザインに生かしています。他のシリーズに比べて値段も安めなので、初心者の方にもおすすめです。

 

・鮮やかな色彩がお好きなら一押しの「ゴッホコレクション」

鮮やかな色彩感覚がお好きな方におすすめなのが、印象派ゴッホの生誕120周年の際にリニューアル発売されたヴァンゴッホコレクション。ゴッホの数ある名作を再現したもので、絵画ファンにもおすすめです。中でも、ゴッホの3つの傑作、ひまわり・アルルの寝室・星月夜が人気。他にも、ヴァンゴッホの自画像・ビンセントの椅子・アイリス・刈り込んだ柳の木々・医師ガシェの自画像・糸杉・ゴーギャンのアームチェアー・ビンセントヴァンゴッホのくつ・花咲く果樹園の12種類のラインナップの中から、お好みのものを選ぶことができます。

 

・ダイヤモンドのような輝きを求めるなら「ミケランジェロ」

高級感のある輝きのものがお好きな方にはミケランジェロシリーズから選んでみましょう。ダイヤモンドのカットのような難しい技法を使い、ボデイとキャップを18面にカット。しっかりと磨き上げて完成させるため、他のシリーズのものとは輝きが異なります。イタリアルネサンス期の巨匠「ミケランジェロ」へのオマージュとして開発されたシリーズなだけあり、輝かしさが一層引き立っています。

 

・女性らしい柔らかなデザインなら「ヴィーナス」「メリーゴーランド」

女性らしい柔和なデザインにこだわる方には、ヴィーナスやメリーゴーランドがおすすめです。ヴィーナスは、イタリアルネサンス期の画家サンドロ・ボッティチェリの作品「ヴィーナスの誕生」にインスパイアされた万年筆。単色ですが、柔らかなカラーが魅力です。一方、メリーゴーランドはマーブル調の色味が人気。女性らしいフェミニンな雰囲気がお好きな女性におすすめです。もともとは、フィレンツェのマイヤー小児病院の子どもたちのことをイメージしながら、デザインされたモデルになります。

 

・滑らかな書き心地にこだわるなら「ホモサピエンス」「ディヴィーナ」「ミケランジェロ」

しなやかな書き心地を堪能したいなら、ペン先にパラジウムを使っているものがおすすめ。ホモサピエンスシリーズ・ディヴィーナシリーズ・ミケランジェロシリーズの万年筆で採用されています。あえてパラジウムを使用するという発想もビスコンティならではのこと。耐久性と柔らかさが魅力で、ドリームタッチと呼ばれるほどです。ビスコンティの万年筆は、スチールのペン先であることが多め。スチールでも筆圧がかかるほど、ペン先がしなって開くので書きやすいと言われていますが、パラジウムはそれ以上のしなやかさが期待できます。

 

《使いやすさにこだわるなら細部の工夫にも注目》

ビスコンティの万年筆は、吸入方式とキャップの開閉方式に独自の技術を採用しています。使いやすさにこだわるなら、ビスコンティならではの細部の工夫にも注目してみましょう。

 

・大量のインクを吸入するならダブルタンクパワーフィーラー方式が快適

急なインク切れを避けたい方には、パワーフィラー方式やダブルタンクパワーフィラー方式(ハイバッキュームパワーフィラー)を採用しているものがおすすめです。パワーフィラー方式は尻軸を回してインクを入れるもの。胴軸全体をインクタンクとして利用し、中に入る量はインクカートリッジ6本分とも言われ、かなりの量のインクを蓄えられるのが特長です。ただし、外気圧や温度の変化によって胴軸内の空気が膨張してしまい、ペン先からインクが漏れる可能性もあります。そのようなインク漏れを避けたいなら、ダブルタンクパワーフィラー方式の万年筆を選んでみるのも人気。バルブによって筆記用にインクを供給するための小さなタンクと、バックアップ用の大きなタンクが2つに分かれているので、インクが漏れる心配がありません。

 

・キャップの開け閉めがスムーズなマグネティックロックシステム

スムーズにキャップを開け閉めしたいなら、マグネティックロックシステムを取り入れている万年筆を選びましょう。このシステムは、ビスコンティが世界で初めて採用したことでも有名。軸とキャップ部分に磁石がはさまれていて、キャップを開け閉めするときに力を入れなくても磁力でカチッと締まる仕組みになっています。とくに使用頻度の高い方におすすめです。

 

・限定品にこだわってみるのもおすすめ

ビスコンティからよく販売されている限定品にこだわって選ぶのも人気が高いです。例えば、「モンテカルロ王子結婚式記念モデル」「ベネチア」「独立宣言1776」「蒔絵」など、人物・都市・出来事・伝統工芸品などその時々で敬意を払うものに対して、限定品を出しているのが特徴です。また、限定デザインにも注目してみましょう。限定品は通常のシリーズに比べてプレミアがつく分、高価にはなりますが、ビスコンティファンなら1本は手に入れておきたいですね。

 

【ビスコンティ(ヴィスコンティ)万年筆の人気おすすめランキングベスト10】

それでは、ここからはビスコンティの人気万年筆をランキングにてご紹介していきます。

 

10位:VISCONTI ビスコンティ クラシック グリーン V737A10GRMP

VISCONTI ビスコンティ クラシック グリーン V737A10GRMP

シリーズ クラシック

ペン先素材 スチール チューブラーニブ

本体素材 アクリル

インク充填方式 カートリッジ

マグネティックロックシステム ー

本体サイズ 約132mm×約12mmφ×約13.5mmφ(収納時)

重さ 20g

《万年筆の黄金時代を彷彿とさせるシンプル&上品な1本》

オーソドックスなデザインのクラシックシリーズで、万年筆初心者におすすめしたい1本です。シンプルなデザインで、飽きがこないのがメリット。かつての万年筆の黄金時代を取り戻そうと、意欲的に製作されたクラシックシリーズのなかでも、上品で珍しいグリーンの色合いが人気の万年筆です。

 

 

9位:VISCONTI ビスコンティ ホモサピエンス ブロンズ FP/MP V46602PDA55DT

VISCONTI ビスコンティ ホモサピエンス ブロンズ FP/MP V46602PDA55DT

シリーズ ホモサピエンス

ペン先素材 23Kパラジウムドリームタッチ

本体素材 バサルティックラーバ(玄武岩)

インク充填方式 ダブルタンク パワーフィラー(ハイバッキュームパワーフィラー)

マグネティックロックシステム ー

本体サイズ 約148mm×約14.5mmφ×約16.5mmφ

重さ 約44g

《世界で初めてペン先に23カラットパラジウムを採用した万年筆》

ボディの素材に玄武岩を使っている希少な「ホモサピエンスシリーズ」の1本です。表面がすべすべして触り心地もよく、持ちやすさも抜群。ペン先に世界で初めて23カラットパラジウムを採用し、ある程度の重厚感があるため、すべるような書き心地を味わえるでしょう。

 

 

8位:VISCONTI ビスコンティ ヴァンゴッホ ゴッホの自画像 F V78325A10

VISCONTI ビスコンティ ヴァンゴッホ ゴッホの自画像 F V78325A10

シリーズ ヴァンゴッホ

ペン先素材 スチール

本体素材 ナチュラルベジタルレジン

インク充填方式 カートリッジ・コンバーター両用式

マグネティックロックシステム 〇

本体サイズ 約140mm ×約12.5mmφ×約15mmφ(収納時)

重さ 約31g

《ゴッホの自画像が万年筆に!鮮やか&独創的な色使いが魅力》

鮮やかな色彩が印象的な1本。ゴッホの自画像をモチーフにしており、絵画ファンや芸術好きな方への贈り物としてもおすすめです。もちろん、見た目だけでなく使いやすさも抜群。マグネティックロックシステムを採用しており、胴軸とキャップ部分に磁石が使用されているため、キャップを開け閉めするときに磁力で固定されるのでとても便利です。

 

 

7位:VISCONTI ビスコンティ メリーゴーランド 482GTM13A10

VISCONTI ビスコンティ メリーゴーランド 482GTM13A10

シリーズ メリーゴーランド

ペン先素材 スチール

本体素材 レジン

インク充填方式 コンバーター

マグネティックロックシステム 〇

本体サイズ 約140mm×約12.5mmφ×約15mmφ(収納時)

重さ 約31g

《マーブル調のカラフルな色合いと上品な雰囲気が人気の万年筆》

女性らしい優し気な色合いが素晴らしい「メリーゴーランド」。母の日・結婚記念日・誕生日のプレゼントなどにもとても喜ばれるのではないでしょうか。カラフルなマーブル調の色合いで、上品かつ美しさが引き立つデザイン。やや硬めの細字をお好みの方にもおすすめです。

 

 

6位:VISCONTI ビスコンティ ヴィーナス マーブルローズ V783STEP01DA10BZ

VISCONTI ビスコンティ ヴィーナス マーブルローズ V783STEP01DA10BZ

シリーズ ヴィーナス

ペン素材 スチール

本体素材 ナチュラルレジン

インク充填方式 カートリッジ・コンバーター両用式

マグネティックロックシステム 〇

本体サイズ 141mm×12.5mmφ×14.5mmφ(収納時)

重さ 32g

《「ヴィーナスの誕生」にインスパイアされた日本限定シリーズ》

イタリアルネサンス時代の巨匠サンドロ・ボッティチェリが描いた「ヴィーナスの誕生」にインスパイアされたシリーズ。しかも、150本のみの日本限定品です。ペン先のスチールもブロンズカラーで、上品かつ貫禄がありますね。とても淡く美しい色合いで、女性への贈り物にも最適です。

 

 

5位:VISCONTI ビスコンティ オペラ エレメンツ

VISCONTI ビスコンティ オペラ エレメンツ

シリーズ オペラ

ペン先素材 14金

本体素材 レジン

インク充填方式 カートリッジ/コンバーター両用式

マグネティックロックシステム ー

本体サイズ 約139mm×約14mmφ×約12.5mmφ(収納時)

重さ 約37g

《環境問題をテーマにしたオペラエレメンツシリーズの1本》

オペラから自然界のエレメンツをテーマにした新シリーズが登場。ボディカラーは黄色・赤・青・グレーの4色で、それぞれが自然を象徴するエレメンツである「空気」「火」「水」「大地」を表現しています。とくに、白い模様は波動を表しており、そのたくましさから男性からも高い人気。とても高級感があり、名入れにも対応しているため、ギフトにも最適です。

 

 

4位:VISCONTI ビスコンティ ヴァン・ゴッホ ひまわり V78320A10

VISCONTI ビスコンティ ヴァン・ゴッホ ひまわり V78320A10

シリーズ ヴァン・ゴッホ

ペン先素材 スチール

本体素材 レジン

インク充填方式 コンバーター

マグネティックロックシステム 〇

本体サイズ 約139mm×約13mmφ(収納時)

重さ 約26g

《ゴッホの代表作「ひまわり」がモチーフ。深みのある色合いが素敵》

ゴッホの代表的な作品「ひまわり」をモチーフに作られた1本。深みのあるエローカラーの万年筆自体が珍しいことからも、とくに人気があります。ビスコンティの万年筆はキャップのアクセサリーが湾曲していますが、これは、フィレンツェのヴェッキオ橋をイメージしてのこと。ボディの色が鮮やかな分、湾曲部分が余計と映えて美しいですよ。

 

 

3位:VISCONTI ビスコンティ レンブラント ブルー V48289 FP/MP

VISCONTI ビスコンティ レンブラント ブルー V48289 FP/MP

シリーズ レンブラント

ペン素材 スチール

本体素材 レジン

インク充填方式 カートリッジ・コンバーター両用式

マグネティックロックシステム 〇

本体サイズ 約140mm×約12.5mmφ×約14.5mmφ(収納時)

重さ 約32g

《万年筆初心者におすすめ!シンプルで長く愛用できる1本》

レンブラントシリーズは他のシリーズに比べてリーズナブルで、初心者におすすめです。シンプルなデザインであることから、場所を選ばずに使用できるのもメリット。飽きがこないので、長く愛用できることも魅力です。機能性にも優れており、キャップの開け閉めもスムーズで、ビジネスシーンでも活躍してくれるでしょう。

 

 

2位:VISCONTI ビスコンティ ミケランジェロ V29418

VISCONTI ビスコンティ ミケランジェロ V29418

シリーズ ミケランジェロ

ペン先素材 パラジウム

本体素材 ナチュラルレジン

インク充填方式 コンバーター

マグネティックロックシステム ー

本体サイズ 約136mm×約13mmφ×約17mmφ(収納時)

重さ 約32g

《ドリームタッチのペン先が魅力!漆黒の美しい輝きが高級感を演出》

ミケランジェロの名の通り、輝かしいルネサンス時代を思い起こさせるような漆黒の輝きが美しい万年筆です。23金パラジウムを使用したペン先で、「ドリームタッチ」と言われる、しなやかな書き心地を実現。滑るようななめらかな書き心地を求める方に最適です。高級感のあるデザインで、長く愛用できること間違いなしですよ。

 

 

1位:VISCONTI ビスコンティ ヴァンゴッホ 星月夜 F V78318A10

VISCONTI ビスコンティ ヴァンゴッホ 星月夜 F V78318A10

シリーズ ヴァン・ゴッホ

ペン先素材 スチール

本体素材 レジン

インク充填方式 カートリッジ・コンバーター両用式

マグネティックロックシステム 〇

本体サイズ 約140mm×約12.5mmφ×約15mmφ(収納時)

重さ 約31g

《人気の「星月夜」が万年筆に変身!鮮やかで豪快な色使いが魅力》

ボディやキャップにナチュラルレジンを使用し、ゴッホの鮮やかなカラーと豪快な色使いを艶っぽく再現したシリーズです。「星月夜」は、ヴァン・ゴッホシリーズの中でも一押しの人気作。鮮やかなブルーがとても上品です。箱にも星月夜の絵が描かれているので、箱を開けたときにも楽しめますね。ゴッホファン、ビスコンティファンのどちらにもおすすめの、魅力的な1本です。

 

 

《ビスコンティにもおすすめの万年筆インクも確認》

下記では、ビスコンティなど高級万年筆やブランド万年筆にも使える万年筆インクの人気ランキングを掲載しています。万年筆愛好家も好むインクはどんなものなのか、万年筆インクランキングも併せてチェックしてみましょう。

書き心地最高!万年筆インクの最強人気おすすめランキングTOP10【格安 楽天】

 

ドイツ・ハイデルベルグ生まれの筆記具ブランドラミーは、独自のスタイリッシュなデザインと使い勝手の良さで、世界中のファンから愛されています。ラミーの万年筆特集は以下にて掲載しています。

ラミー万年筆ブランド人気おすすめランキングTOP10【サファリ・アルスター・限定等】

 

【ビスコンティ(ヴィスコンティ)万年筆の選び方と人気おすすめランキングまとめ】

今回は、ビスコンティの万年筆の選び方と人気のある商品をランキングにてお届けしてきましたが、いかがでしたか?ビスコンティにはゴッホ・レンブラント・ヴィーナス・オペラなど様々な魅力的なシリーズがあることをお分かりいただけたのではないでしょうか。ぜひお好きなシリーズから、お気に入りの一本を見つけてくださいね。