マネジメント本質を知る人気おすすめ本ランキング|ベストセラーやドラッカーなど

amazonや楽天通販などネット購入ができるマネジメント本質を知るおすすめ本の人気おすすめランキングをご紹介。

 

ベストセラー本やドラッカー著書などが登場。

 

テーマ毎にマネジメント本を選ぶためのポイントを解説。

 

マネジメントの領域は幅広く、人を動かす・やる気を高める・目標設定など数多くの理論やテクニックがあります。

 

数ある人気書籍の中から選ばれる良書の中には、あなたの悩みを解決するヒントやアドバイスも得られます。

 

学ぼうと思った機会にマネジメントをしっかり学習し、できる人になりましょう。

 

Contents

【マネジメント本質を知る人気おすすめ本ランキングベスト10】

それではここからは、マネジメント本の人気おすすめランキングをご紹介していきます。

 

これを参考に、あなたに合うマネジメント本を⾒つけてくださいね。

 

10位:【中古】 3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 /伊藤守【著】 【中古】afb

3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界 シンプルなマネジメント術

 

・著者:伊藤守

 

・出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

・判型:単行本

 

・ページ:206ページ

 

・初版:2008年3月

 

《部下のために3分とる―それだけで部下が育つ》

 

日頃、部下と向きあって話をしていますか?

 

毎日3分間、部下と話をする時間をもつだけで、上司と部下の関係は良好になり、驚くほど成果が上がるというコーチ術。

 

とてもシンプルで簡単な方法なので、すぐに試してみたくなりますよ。

 

コーチング初⼼者にもおすすめです。

 

 

9位:行動分析学マネジメント 人と組織を変える方法論 [ 舞田竜宣 ]

行動分析学マネジメント 人と組織を変える方法論

 

・著者:舞⽥⻯宣

 

・出版社:⽇本経済新聞出版社

 

・判型:単⾏本

 

・ページ:339ページ

 

・初版:2008年12⽉

 

《行動を変えると結果が変わる》

 

部下のやる気がない、期待通りにできないと嘆いてしませんか?

 

それは、実はマイナスの⾏動を強化しているだけかもしれません。

 

望ましい⾏動に向かわせるにはどうしたらいいか、⾏動分析学をもとにマネジメントの⽅法を教えてくれます。

 

⾏動分析学というとむずかしそうですが、ストーリー仕⽴てになっているのでとっても読みやすいですよ。

 

普通の職場でよくある事例を取り上げているので、だれでも「これ、ある」と思わずうなずくことでしょう。

 

明⽇から、さっそく試してみたくなります。

 

 

8位:会社が生まれ変わる「全体最適」マネジメント [ 石原正博 ]

会社が生まれ変わる「全体最適」マネジメント

 

・著者:⽯原正博

 

・出版社:⽇本経済新聞出版社

 

・判型:単⾏本

 

・ページ:288ページ

 

・初版:2016年3⽉

 

《組織全体が見えていますか?》

 

会社が停滞してしまうのは、みんな⾃分の部署のことしか考えていないから…よくある事例ですよね。

 

そんなタコつぼ組織をいかに⽣まれ変わらせるか、全体最適の視点から改⾰する仕組みを解説しています。

 

事例が具体的でわかりやすいので、プロジェクトリーダーをまかされた⼈や部⾨リーダーに抜擢された方は特に必⾒です。

 

 

7位:コーチングマネジメント 人と組織のハイパフォーマンスをつくる [ 伊藤 守 ]

コーチングマネジメント 人と組織のハイパフォーマンスをつくる

 

・著者:伊藤守

 

・出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

・判型:単行本

 

・ページ:325ページ

 

・初版:2002年7月

 

《コーチングの基礎・基本を1冊でマスター》

 

日本におけるコーチングの第一人者が著したコーチングの基本書です。

 

平易な言葉でわかりやすく書かれているので、コーチング初心者でもスラスラと読めます。

 

各章ごとに重要ポイントを振り返っているため、頭に入れておくべきことも明確。

 

コーチングをはじめて学ぼうとする人は、まずこの本からはいることをおすすめします。

 

 

6位:ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか [ ケン・ブランチャード ]

ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか

 

・著者:ケン・ブランチャード

 

・出版社:ダイヤモンド社

 

・判型:単行本

 

・ページ:215ページ

 

・初版:2004年1月

 

《目標設定の大切さ説明できますか?》

 

組織が「全速前進」の状態になるためには、みんなが共鳴する明確なビジョン(目標設定)が必要!

 

小説仕立てで目標設定の大切さや、そのつくり方・定着の仕方が語られているので、楽しみながら目標設定について学ぶことができますよ。

 

目標設定とは何か、なぜ大切なのか、まずそこから知りたいという人におすすめです。

 

 

5位:個人、チーム、組織を伸ばす目標管理の教科書 ノルマ主義に陥らないMBOの正しいやり方 [ 五十嵐英憲 ]

個人、チーム、組織を伸ばす目標管理の教科書 ノルマ主義に陥らないMBOの正しいやり方

 

・著者:五十嵐英憲

 

・出版社:ダイヤモンド社

 

・判型:単行本

 

・ページ:214ページ

 

・初版:2012年6月

 

《目標管理はノルマ主義ではない》

 

目標設定・目標管理は、ドラッカーが提唱したマネジメントの基本。

 

しかし、うまくいっていない企業が多いのはなぜか?

 

その理由をていねいに解説し、部下のやる気を引き出し業績を伸ばす目標管理の方法を教えてくれます。

 

チームの目標設定・管理がうまく機能していないという方は一読しておくべき一冊です。

 

 

4位:最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと [ マーカス・バッキンガム ]

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

 

・著者:マーカス・バッキンガム

 

・出版社:日本経済新聞社

 

・判型:単行本

 

・ページ:315ページ

 

・初版:2006年1月

 

《何をなすべきか気づかせてくれる》

 

リーダーシップとマネジメントの違いを明確にし、すぐれたリーダー、すぐれたマネジャーの役割となすべきことが明確に示されています。

 

また、個人としても成長するためにすべきことも述べられていますから、上司だけではなく部下にとっても役立つでしょう。

 

直接語りかけてくるような文体も好感が持てます。

 

 

3位:ビジョナリー・カンパニー(2)飛躍の法則 [ ジェームズ・C.コリンズ ]

ビジョナリー・カンパニー(2)飛躍の法則

 

・著者:ジェームズ・C.コリンズ

 

・出版社:⽇経BP社

 

・判型:単⾏本

 

・ページ:360ページ

 

・初版:2001年12⽉

 

《名経営者に学ぶマネジメントの極意》

 

世界的なエクセレントカンパニーに共通する特徴を明らかにした『ビジョナリーカンパニー』の第2弾。

 

飛躍の法則では、経営者のマネジメントに焦点を当て、偉⼤な企業に導いた経営者の共通点をさぐります。

 

⼤きな組織のリーダーでなく、⼩さなチームのリーダーでも参考にできることはたくさんあり、名経営者のマネジメントの極意を学ぶことができます。

 

 

2位:プロフェッショナルマネジャー 58四半期連続増益の男 [ ハロルド・ジェニーン ]

プロフェッショナルマネジャー 58四半期連続増益の男

 

・著者:ハロルド・ジェニーン

 

・出版社:プレジデント社

 

・判型:単行本

 

・ページ:339ページ

 

・初版:2004年5月

 

《ユニクロ柳井氏も絶賛!》

 

米ITTのCEOとして君臨したハロルド・ジェニーンの書いた経営論を、ジェニーンを師と仰ぐユニクロの柳井正氏の解説をつけて復刊。

 

1985年に刊行されたものなので、多少古臭さはありますが、柳井氏の解説をあわせて読むとより理解が深まります。

 

レビューでもかなりの人が高評価をつけており、まさにプロのマネジャーになるための教科書といえるでしょう。

 

上を目指す方は確実に読んでおきたい一冊です。

 

 

1位:【中古】 マネジメント エッセンシャル版 基本と原則 /ピーター・ドラッカー(著者),上田惇生(訳者) 【中古】afb

マネジメント エッセンシャル版 基本と原則

 

・著者:ピーター・F・ドラッカー

 

・出版社:ダイヤモンド社

 

・判型:単行本

 

・ページ:302ページ

 

・初版:2001年12月

 

《マネジメントを極めるなら必読の本》

 

やはりマネジメントいったらドラッカーでしょう。

 

この『マネジメント エッセンシャル版』は、ドラッカーの大著『マネジメント』のエッセンスをわかりやすまとめた入門書で、2001年の出版以来、多くのビジネスパーソンに詠み継がれてきた名著です。

 

小手先のテクニックというよりも、企業マネジメントのあるべき姿をド直球に語っています。

 

今すぐに役に立たなくても、マネジメントを行うなかで「あ、これはドラッカーが言っていたことだ」と気づき、問題解決のヒントが得られるはず。

 

だからこそ、できるビジネスパーソンはみな、ドラッカーの『マネジメント』を必読の書にあげているのです。

 

 

【そもそも、マネジメント本とは?】

部下をもつ身になって初めてチームを統率することの難しさを実感するもの。

 

上司として人を動かす・やる気を高める・目標設定、うまくいかなくて困っている方も多いと思います。

 

そんなとき解決のアドバイスを得る為に読むのが、マネジメント本です。

 

先人たちが経験から導き出したノウハウには、珠玉の知恵がつまっています。

 

 

【マネジメント本の選び方】

個人としては優秀なビジネスパーソンが、リーダーとしても優秀とは限りません。

 

自分が動くのと、人を動かすのはまったくちがったスキルが求められるからです。

 

マネジメントスキルはとても幅広いため、今回はいくつかのテーマを設定し、選び方のポイントを解説していきます。

 

 

《マネジメントとは何かを知りたいなら》

マネジメントを体系的に学んでビジネススキルを上げたいという人もいることでしょう。

 

まず「マネジメントとは何か」について知りたいなら、基礎基本から学べる本を選ぶのがおすすめです。

 

 

・体型的に理論を学べる「マネジメント理論本」

マネジメント理論を体系的に学び、自分のビジネススキルを一段高めたいと考えているなら、この分野で高い評価を得ている著作を手にしてみましょう。

 

マネジメントを学ぶ上で絶対に外すことのできない必読書である「ドラッカー」の著作や、結果を出している経営者のマネジメントの極意から、基礎基本をしっかり学び取ることが重要です。

 

ただし、かなり高度な内容のものが多いのも現状。

 

サッと目を通し「これは今の自分のレベルではムリだな」と判断したら、初心者向けの入門書やマンガで解説しているものから入るのもおすすめです。

 

基礎に触れておいてから、徐々に難易度を上げていくことで効率よく理解することができるでしょう。

 

 

・事例を通じて「実践から学ぶ本」

論理的な内容が難しい、イメージがわきにくいという場合は、実例を通して「マネジメント」について学んでみるとよいでしょう。

 

新規事業をどのように軌道に乗せていくのか。バラバラだったチームをどのように結果を出せるチームに変えていくのか。

 

失敗からどのように問題を解決していくのか。

 

自分が抱えている課題に近い実例を通してマネジメントを学べる本なら、すぐに実践に役立つヒントも得ることができるはず。

 

初心者でもイメージしやすいため、より深く理解できることでしょう。

 

 

《人や組織の動かし方を学びたいなら》

すべてのビジネスは人によって動かされていますから、人をいかにマネジメントするかが成果に直結します。

 

部下をもつようになったら、リーダーシップやモチベーションに関する書籍を通して、チーム・組織力のマネジメントについても学んでおきましょう。

 

 

・思考や習慣を身に付ける「リーダーのあり方本」

部下が思い通りに動いてくれない。

 

そんな悩みを抱えていませんか?企業が人から成り立っている以上、人のマネジメントはとても重要です。

 

チームの総合力を高めていくためには、部下と上手くコミュニケーションを図りながら、チームを管理・統率していくリーダーのあり方が成果に大きな影響を与えます。

 

昔は上意下達で上司の言葉は絶対でしたが、今はさまざまな研究から部下が納得して仕事をしたほうが成果があがることがわかっています。

 

部下が動かないと嘆く前に、リーダーとしての思想や習慣を身につけ、部下から絶大な信頼を寄せられる上司になってみませんか?

 

 

・部下のモチベーションUPに役立つ「コーチング本」

最近、自分のチームに活気がないと感じたら、それはモチベーションが下がっているせいかもしれません。

 

モチベーションが下がると、作業効率が悪くなったり、注意力散漫になって見落としが多くなったり、ここ一歩の踏ん張りがきかなかったり、さまざまな弊害が出てきます。

 

そんな状況を打開するのに役立つのが、コーチングの本です。

 

チームをマネジメントするリーダーなら、部下のやる気を引き出すノウハウは、学んでおきたいですよね。

 

 

《目標達成のノウハウを学びたいなら》

「彼のチームは、いつもいい仕事をする」そう評価されるリーダーのマネジメントは、どこが違うのでしょうか?

 

それは、チームや部下一人ひとりの目標設定・タスク管理の方法かもしれません。

 

優秀なリーダーは、部下の実力を伸ばす目標設定・タスク管理を知っているのです。

 

そんなリーダーになりたいなら、目標設定やタスク管理の本をしっかり読み、部下のレベルアップをはかりましょう!

 

 

【ビジネスに役立つ本のランキングを確認】

●マネジメント本以外にも、ビジネスを有利に運ばせたり、上手に付き合っていける能力を身につけられる本の人気ランキングがご紹介されています。集中的に高めたい能力が載っている本をチェックしてみてくださいね。

【ビジネスのコツ】営業が上手くいく話し方が身につく本の人気おすすめランキングベスト13

 

●楽天通販で書籍・電子書籍、どちらも取り扱いがある作品も多い中、自分の環境やモチベーションに合った自己啓発本を読んで、自分の人生をより充実したものにいたしましょう。本屋に行くと数多くの自己啓発本が販売されています。アドバイスがほしいとき、やる気を出したいときなどに読みたい自己啓発本ですが、ビジネスマン向けや女性向けなどターゲットもそれぞれ違い、有名なベストセラーから選ぼうとしても数が多いので選び方から確認です。

女性向け・ビジネスマン向けベストセラー自己啓発本の人気おすすめランキングベスト10

 

●就活や仕事を有利に進めるために役立つロジカルシンキングは、仕事の効率的な進め方から効果的なコミュニケーションの取り方まで、社会で生きる上で必要になる様々なシーンで活かせます。ダイヤモンド社・東洋経済新報社・英治出版・日本実業出版社・宝島社・SBクリエイティブなどたくさんの出版社から発売されているだけでなく、入門編・専門書・漫画版などあるため、まず選び方の確認からしてみましょう。

本で理解するロジカルシンキングとは?鍛え方・問題集・例題の人気ランキングベスト10

 

●初心者〜経営者まで役立つ経営本質を学ぶ書籍の人気おすすめランキングのジャンル別トップ12と、経営本の選び方をご紹介。ランクインしているのはベストセラーや高い評価を得ているものばかりです。ビジネスを持っている方・お店の運営をまかされている方・起業をする方など、組織を経営していく上で直面する問題の解決や対策を学べます。悩みの解決に強い味方の経営本。経営にかかわるさまざまな課題の解決方法を与えてくれます。ベストセラーや名著の中から、楽天通販などネット購入できるものからご紹介です。

ベストセラーで経営本質を学ぶ書籍の人気おすすめランキング|初心者〜経営者まで

 

【マネジメント本質を知る人気おすすめ本ランキング|ベストセラーやドラッカーなどまとめ】

マネジメント本のおすすめ人気ランキングのご紹介でしたが、いかがでしたか?

 

いずれの本も、多くの読者を獲得し、高い支持を受けているものばかりですから、きっとあなたの問題を解決するヒントが見つかるはず。

 

自分が直面する課題に関する本を読んで参考になったら、今度は別のテーマの本にも目を通してみてはいかがでしょうか。

 

1冊読み通したことで、意外にスンナリと内容がはいってくると思いますよ。

 

そうやってノウハウやスキルを自分のものにして、プロフェッショナル・マネジャーとして活躍しましょう。