【無添加】半生タイプドッグフードはよくない?おすすめ人気ランキングベスト3

amazonや楽天通販など安い値段でネット購入できる、添加物を極力抑えた安全な半生ドッグフードを人気ランキングにてご紹介。

 

愛犬に安心して与えられる半生ドッグフードを探している飼い主さんは必見です。

 

セミモイストフードなどとも呼ばれる、食の細い小型犬やシニア犬におすすめの半生ドッグフード。

 

しかし、半生のドッグフードには、添加物が多く使われているものが多いため、愛犬の健康を第一に考えている飼い主さんの中には、おすすめの半生のドッグフードはよくないと言い切る方も多いかと思います。

それでも、ワンちゃんの食いつきの良さと使い勝手の良さから、ドライフードをどうしても食べてくれないと悩んでいる飼い主さんの間では、半生ドッグフードは人気があるのが現状です。

 

【無添加 半生タイプドッグフードおすすめ人気ランキングベスト3】

それではここからは、いよいよおすすめの半生のドッグフードをご紹介していきます。

 

上記の「選び方」に即し、添加物を使用していないものや添加物の使用が最小限のものに絞り、なんと今回はたった3選のみに超厳選!

 

どれも自信を持っておすすめできるものばかりです。

 

使い勝手の良さや、価格、何を主原料にしているのかなど、それぞれ見比べて選んでみてください。

 

 

3位:ペッツルート 7歳からのやさしいフード チキン&ビーフ 600g(100g×6袋) 《体にやさしい主食フード》【犬用フード】

ペッツルート 7歳からのやさしいフード チキン&ビーフ

 

・原料:鶏肉・大豆たん白・牛肉・小麦グルテン・牛ゼラチン・グルコサミン、鮫軟骨抽出物(コンドロイチン硫酸含有)・食物繊維・ソルビトール・トレハロース・ビタミンE・ビタミンA・パントテン酸カルシウム・ビタミンD 他

 

・内容量:600g(100g×6)

 

・有害な添加物:なし

 

・カロリー:約250kcal/100g

 

《創業約30年!ペッツルートのやさしいフード》

 

ペッツルートは、1988年創業の大阪にある犬や猫のフードやおやつなどを製造している会社です。

 

一般に流通し、量販店に置かれているような商品も多数ありますが、このやさしいフードシリーズは、保存料や着色料を使っていない安全なワンちゃん用の主食として認められています。

 

《7歳以上の肉好きシニア犬におすすめ!》

 

良質な鶏肉や牛肉を主原料とした肉の風味たっぷりの半生ドッグフード。

 

ワンちゃんの嗜好性が高くなるように作られているので、食欲が落ちているシニア犬におすすめです。

 

7歳以上の高齢犬に配慮された栄養バランスになっており、グルコサミンやコンドロイチンなどの成分もたっぷり配合されています。

 

また100gずつの個包装になっているので、常温保存が可能です。

 

開封後は冷蔵庫で保存可能ですが、保存料や酸化防止剤が入っていないので、なるべく早く消費してしまうようにしましょう。

 

 

2位:【毎週入荷の新鮮在庫】通販用 ピュアロイヤル チキン1.5kg(100gx15袋) 《正規品》【送料無料】

ピュアロイヤル ピュアロイヤルチキン

 

・原材料:ササミ・鶏肉・おから・鮭白子・小麦蛋白・マッシュポテト・卵・ミネラル類(Na、CL)・オリゴ糖・湿潤剤(ソルビトール・グリセリン)・pH調整剤(乳酸Na・リン酸塩(Na))・カルシウム強化(リン酸Ca・乳酸Ca)・酸化防止剤(V.C・V.E)・ビタミンA 他

 

・内容量:1.5kg(100g×15)

 

・有害な添加物:なし

 

・カロリー:250kcal/100g

 

《半生ドッグフードで無添加といえばピュアロイヤル》

 

ピュアロイヤルは、株式会社ジャンプがフードの食いつきが悪いとお悩みのワンちゃんのために総力を挙げて開発した半生ドッグフード。

 

食いつきの良さを強く意識しつつも、合成保存料・着色料・発色剤などの添加物を使用していないため、半生ドッグフード市場では高い評価を得ています。

 

また腐敗防止策に力を入れており、年々品質が改善されているのも特徴です。

 

《とにかく食いつきよし!独自のチルド成型低温乾燥製法が秀逸!》

 

ピュアロイヤルの半生フードは、愛犬が「ドライタイプのドッグフードを食べてくれない…」という飼い主さんの不安を一掃してくれる商品。

 

独自のチルド成型低温乾燥製法で、原材料の風味や旨みを最大限に残して作られているので、ワンちゃんたちの食いつきが違います。

 

酸化防止作用のあるビタミン類を配合し、脱酸素剤を封入することにより袋内を酸欠状態にして鮮度を保持しているのも特徴です。

 

ただ、保存料が使われていないため、賞味期限は製造から約半年が目安。

 

発色剤や着色料も未使用なので徐々に色が退色していくようですが、品質には影響がないので安心です。

 

 

1位:国産無添加 セミモイストフード EZO エーゾー 1kg【犬/ドッグフード/半生/ベニソン/無添加/国産】

北の極 無添加セミモイストフード EZO

 

・原材料:エゾシカ生肉・玄米・大麦・エゾシカレバー(肝臓)・かつお削り粉・ビール酵母・さつまいも・大根葉・にんじん・キャベツ・ごぼう・はくさい 他

 

・内容量:1㎏(100g×10)

 

・有害な添加物:なし

 

・カロリー:259kcal/100g

 

《北海道産の良質で安全なドッグフードを製造、北の極》

 

エゾシカ生肉を使用したドッグフードを発売している会社として有名な北の極。

 

北海道産の良質で安全な食材を使って犬用のフードを作っています。

 

その原料へのこだわりぶりは徹底しており、人間が食べられるレベルの食材しか使用せず、原料段階で添加物を使用しているものは、北の極の製品に使用されることが許されません。

 

保存料や添加物を排除したフードをお求めの方におすすめのショップです。

 

《レトルト処理処方で半生タイプなのに添加物不使用》

 

通常、半生ドッグフードは多少の添加物が使用されているのが一般的ですが、EZOはレトルト処方で添加物も一切排除。

 

無添加で天然の栄養分のみになるため、一般的な完全栄養食のドッグフードとは異なりますが、主原料のエゾシカには必須脂肪酸やアミノ酸・ビタミン・ミネラル・DHAなどの栄養素が豊富なので、栄養不足に陥ることはありません。

 

またエゾシカは、アレルギーが起きにくい食材としても有名。アレルギー持ちのワンちゃんにもおすすめできます。

 

多少価格が高めなのが難点ですが、「ビタミンなどの添加物さえ嫌だ…」という飼い主さんには最適な商品と言えるでしょう。

 

《レトルトパックの個包装なので常温保存可能》

 

半生タイプのフードですが、完全に添加物を使用していないので、レトルトパックの個包装となっています。

 

もちろん未開封なら常温保存が可能で、製造から2年は保管可能。

 

開封後1週間なら、冷蔵保存で大丈夫です。

 

 

【半生タイプドッグフードとは?】

半生のドッグフードには、25~35%程度の水分が含まれているので、食感がよくワンちゃんの嗜好性が高いことが特長です。

 

ドライフードよりも柔らかいので、特に歯が弱くなっているシニア犬や、歯の治療中というワンちゃんにも人気があります。

 

また、食の細い小型犬などにも食事のアクセントとして使用するなど、主食としてではなく副食として使う方も多いようです。

 

半生ドッグフードには脂質も多く含まれているので、使用していると毛ヅヤがよくなるという報告もあります。

 

しかし、このようなメリットがある反面、半生ドッグフードには重大な欠陥があります。それは添加物。

 

半生ドッグフードは水分含有量が多いため、水分10%以下というドライフードよりも腐りやすく、腐敗防止のために添加物を使用しているものが多いことが難点になります。

 

 

【半生タイプドッグフードの選び方】

上記のような長所&短所がある半生のドッグフード。

 

それでもドライフードを食べてくれない場合には、選ばざるを得ないということも。

 

半生のドッグフードを選ぶなら、どんな基準で選ぶべきなのかをお伝えします。

 

 

《半生タイプドッグフードはなるべく添加物の少ないものや無添加を選ぶ》

半生ドッグフードによく使われている添加物の中でも特に気になるのは、ソルビン酸カリウム(防腐剤)・プロビレングリコール(湿潤調整剤)・BHA(酸化防止剤)・BHT(酸化防止剤)・エトキシキン(酸化防止剤)など。

 

これらは、単体で発がん性が指摘されているものや、その他の添加物との併用で発がん性が指摘されているものです。

 

半生ドッグフードで添加物を使用しないというのは、なかなか難しいことですが、なるべく添加物の使用が少ないものを選んだり、これら以外の添加物を使用したものを選ぶと良いでしょう。

 

 

《半生タイプドッグフードは小分け包装されているものを選ぶ》

半生ドッグフードは腐りやすいもの。

 

そのため、ドライタイプのドッグフードと同じように、大量に大袋の中に入って売られているような半生のドッグフードは、保存料などの添加物を大量に使っている場合が多いため避けるべきです。

 

100gずつなど小分け包装されているものなら、危険な添加物を使用していたとしても使用量が少なかったり、また、腐る危険性も少なくなります。

 

 

《半生タイプドッグフードはアレルギーがある場合は使用をあきらめる?》

危険な添加物の中には、アレルギーを誘発すると指摘されているものもあります。

 

ワンちゃんがアレルギー持ちの場合は、量販店等で市販されている半生のドッグフードの使用はあきらめたほうが無難でしょう。

 

ただし、中には完全無添加という半生のドッグフードもあります。

 

まだまだ数は少なく、コスパからみると難ありで、入手方法も通販のみ。

 

さらに保存も難しくなりますが、「どうしても半生タイプがいい」という場合には検討してみる価値はあるでしょう。

 

 

《半生タイプドッグフードは脂質が多い半生タイプ、つまりダイエットには不向き?》

半生のドッグフードは、脂質が多いため毛ヅヤがよくなる傾向にあります。

 

が、そうなると気になるのは、肥満傾向のあるワンちゃんに使用していいのかということ。

 

ダイエットの必要があるワンちゃんに半生タイプはよくないでしょうか?

 

答えは、一概には言えないということ。

 

半生のドッグフードは、水分含有量が多いので消化吸収しやすく、肥満傾向があるワンちゃんでも問題なく使える場合も多くなっています。

 

 

【愛犬の健康を考えた犬用グッズ特集】

●愛犬のお口の健康のために、うまく使える歯ブラシを選ぶヒントにしてみましょう。

犬用歯磨きシート/ブラシ/サックの3種最強人気おすすめランキングTOP9

 

●ノミ退治は放っておくと増えてしまって、ペットだけではなく人やお家の中も大変なことになってしまいます。見つけた時にしっかり対策して下さいね。

犬猫用のノミ対策にノミ駆除剤・ノミ取りクシ人気おすすめランキングTOP14

 

●トイレトレーの選び方のポイントと、多くの飼い主さんから人気のおすすめ商品をご紹介します。トイレとは思えないおしゃれなものや、足を上げて排泄できるL型タイプなど、魅力的な商品もピックアップ!トイレのしつけはもちろん、大切なワンちゃんの安全のためにも大事な役割を担っているのが「犬用のトイレトレー」。小型犬から大型犬まで、室内で犬を飼う場合の必需品です。

犬用トイレトレー人気おすすめランキングベスト10【トイレトレーニング・しつけ】

 

 

【無添加 半生タイプドッグフードはよくない?おすすめ人気ランキングベスト3まとめ】

最近は小型犬ブームで、食の細いワンちゃんも増えてきているようです。

 

また、高齢になるとどうしても食欲が落ちがちに…。

 

そんなときに役立つのが水分率の高いフード。

 

缶詰などは嵩張りますし、手作りフードも手間がかかります。

 

そういった消費者の要望を受けて、半生のドッグフードが人気ですが、量販店で流通している半生のドッグフードは、危険とされる添加物のオンパレードで驚かされます。

 

添加物の少ない半生ドッグフードは種類が少ないですが、しっかりとワンちゃんの健康を考えた半生のドッグフードはペット後進国と言われる日本でも入手可能です。

 

ぜひ厳しい目を持って、愛犬のフードを選んであげましょう。